カンボジアへの進出をお考えの法人・個人様へのサポート l 会社設立・登記 l レンタル・バーチャルオフィス l 人材紹介 l 会計業務 l 市場調査 l 銀行口座開設

会計業務

会計制度

会計年度は1月1日から12月31日まで。年次の確定申告では財務諸表と会計記録の提出を求められ、基本リエル表示でクメール語で記載する必要があります。また月次の税務申告も義務つけられています。カンボジアの会計と税務制度は急な変更が加えられる場合がありますので、税法上の解釈の違いによるトラブルを避けるためにも信用できる現地会計事務所と契約し助言を求める、あるいは業務を委託することをお勧めします。

税務申告

法人は納税のため、月次申告と年次申告の義務があります。月次申告の内容は利潤税(法人税)・給与税・VAT(付加価値税)・源泉徴収税など、年次申告は法人税などです。経済活動が認められていないため、売上計上がない駐在員事務所にも月次と年次の申告が求められています。

月次の申告代行

Tax on Salary, Withholding Tax, VAT Tax, Profit Tax
(最低4種の税の申告が毎月必要になります)
200$〜(1ヵ月)

年次の申告代行

VAT tax
活動をしていない場合でも事務所を賃貸する際にVATがかかってきますので、その申告が最低限必要になります。
500$〜(1年間1回)

その他の税
内容に応じてお見積もりさせていただきます。

ページトップへ